女性に最適な仕事 保育士




あったかくて優しくて、時にはお母さんのように怒ってくれる。
小さい頃の保母さんの記憶というのは、大人になってもなかなか忘れられないものです。
保母さんになりたいと思っていた人も、たくさんいると思います。

昔は保母さんというように、女性が当たりまえの仕事でしたが、今では呼び名も「保育士」となり、男性の方も増えてきています。
しかし比率的にはやはり女性が圧倒的に多く、人気もいまだ健在の仕事です。

保育士とは、生まれたばかりの0歳の乳児から、小学校入学前の幼児までの教育とお世話をする仕事です。
保育所に入るぐらいの子どもたちは成長も著しく、毎日のように新しいことを覚えていきます。
成長を身近で見ていくことができますし、それによって自分も成長していくことができる、素晴らしいお仕事です。
体力的に大変ではありますが、やりがいはある仕事だといえます。

保育士になるには、保育士の資格が必要になってきます。
一般的に多い方法は、厚生労働省が認定している養成学校に入学し、卒業して資格をゲットというものです。
国家試験に合格すれば資格は手に入りますので、必ず学校を出ていなくてはいけない、というわけではありません。

ですので、社会人として働いている方でも、勉強して資格をとれば、保育士として働くことは可能なのです。

続きを読む

(C) 2009 女性に人気の資格と仕事