フードコーディネーター資格




女性にとって、料理は切っても切れないものではないでしょうか。
特に、健康管理に気をつかう人が多くなった今、料理という分野は誰もが注目している存在です。
そんな料理を愛してやまない方にぴったりの仕事が「フードコーディネーター」でしょう。

テレビや雑誌で頻繁に取り上げられることが多くなった仕事ですが、実際に働くとなれば、華麗な一面だけではなくなってきます。
心から料理が好きだという方でないと、なかなか務まらない仕事だと思います。
向上心を高く持ち、人間関係を上手に築くことが出来るというのも、フードコーディネーターとして活躍できる条件になります。

では実際にフードコーディネーターになって働くには、どのような手段があるのでしょうか。
今回はそこについて見ていきたいと思います。

まずフードコーディネーターには、様々な食にまつわる豊富な知識が必要不可欠です。
基礎と知識を身につけるところから、始めていかなくてはいけませんね。
日本フードコーディネーター協会という組織があり、そこが認定試験を行っています。

この資格がないとフードコーディネーターとして働けない、というわけではありません。
ただ、資格を持っていたほうが、より仕事の幅は広がると思いますし、対人間の仕事なので、資格が物を言うときも出てくるでしょう。
なるべくなら、目指す限りはこの資格を取ってほしいと思います。

フードコーディネーターの資格認定制度は、10年前の1998年からスタートし、以来多く方がこの試験を受験しています。
レベルは1〜3級まで設定されており、一番簡単な3級試験は、毎年10月に行われています。
年齢や性別、資格等は一切関係なく受験できますので、料理好きの方はチャレンジしてみるといいでしょう。

続きを読む

(C) 2009 女性に人気の資格と仕事