インテリアコーディネーター




家を新しく建てたり、リフォームする際、できれば自分のイメージしている住宅に仕上げたいものです。
この時重要になってくるのが、家具や照明、カーテンなどのインテリアです。
仮に住宅を大幅に変えることができなくても、インテリア次第で住宅は見違えるからですね。

このインテリアに関する提案を行うのが、「インテリアコーディネーター」という仕事です。
女性のセンスが活きる仕事として、以前から注目されてきています。
男性でも活躍されている方はたくさんいますが、平成18年度のインテリアコーディネーターの試験合格者の78%は、なんと女性なのです。

どうして女性に向いているといえるのか、それには理由があります。
元々インテリアコーディネーターという仕事は、主婦の要望があって生まれたものだからです。

住宅を建てる住宅メーカーは、家は一家の主である男性のもの、という考えのもとで家を作ってきました。
しかし、実際には男性は働きに出るのでほとんど家にはいません。代わりに家を守るのは主婦の役割ですね。
その主婦が使いにくい家というのはどうなのか、という意見が近年メインになってきました。
そこで、インテリアコーディネーターという仕事の需要が高まり、同じ女性の立場で考えられる女性の活躍が目立つようになってきたのです。

続きを読む

(C) 2009 女性に人気の資格と仕事