介護資格いろいろあるのですが、最もメジャーな資格にホームヘルパーがあります。
介護保険制度では、ホームヘルパーは「訪問介護員」という名称で記されています。

スポンサードリンク

ホームヘルパー介護資格取得と級

ホームヘルパーの介護資格取得を望んでいる方は、まず仕事内容をきちんと知っていかなければいけません。

ホームヘルパーは、高齢者や心身に障害を持っている方、日常生活の中で家事をする人や介護、援助が必要な方の、お手伝いをする仕事です。

ホームヘルパーの介護資格取得をする方法は、各都道府県やその指定を受けている民間団体や市町村において、ホームヘルパーを養成する研修を受ければ、取ることができます。

介護保険制度で介護資格取得をするには、以上の研修を修了させればいいということです。

ホームヘルパーの研修には、1〜3級まであり、まず最初に受ける3級では、ホームヘルパーの入門的な研修内容を、2級では基本検収、3級は、既にホームヘルパーとして2級を持っている人が、責任のある上の立場の、主任ヘルパーなどに上がる目的の、養成研修となっています。

介護資格取得は、試験を受験しなくても取れるので人気がある資格ですが、講義や実習、実技となる演習があります。

介護の現場が必要としているのは、2級以上の仕事内容となるので、養成研修の3級コースはほとんど行われておらず、実質1級と2級だけです。

ヘルパーに同行して、介護老人施設で2級なら実習30時間、他に演習42時間は浴槽やベッド、車イスなどで実技をします。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

介護資格ナビ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://d.54lz.com/shikaku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。