日本の高齢化社会と介護資格取得




日本は高齢化社会といわれ、2008年9月の推計によりますと、65才以上の人口は、日本人全体の22.1%にあたる、2000万人を上回っている状況です。

高齢者を世帯数で見てみると、2007年6月の調査で、4803万の推定世帯がある中、65才以上の高齢者がいる数は、1926万世帯となっています。

夫婦のみの数となると、この世帯数の中から、573万世帯にもの数に及んでおり、老老介護世帯が増える一方です。

「介護保険制度」が、2000年からスタートしました。

福祉や介護、医療に携わる人材の確保が、多数必要な状態になっています。

介護資格取得を持っている人が、あちこちで求められています。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ