介護保険制度の意味と認定




介護資格取得には、2000年から始まった「介護保険制度」が深く関係しています。

介護保険制度は、高齢化社会の日本に置いて、今後益々増えるとみられている高齢者を、社会全体でサポートし、生活を守っていきつつ、高齢者自らの自立も応援していくというものです。

介護資格取得をしている方などは、仕事で高齢者の方などに多く関わっていることから、関心が深いのではないでしょうか。

介護保険に入る年齢は40才以上で、保険料を払い込みが始まります。

第2号被保険者は40〜64才の方が、第1号被保険者は65才以上の方が対象です。

第1号被保険者が、介護保険サービスを受けられるという原則ですが、第2号被保険者が介護を受けられるケースがあり、脳血管疾患やガンなどの特定疾病が、これに該当します。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ