介護保険認定者の介護予防サービス




介護資格取得者は、介護保険の要介護(要支援)認定を受けた方などを対象に、さまざまなサポートをしていきます。

利用者負担が1割のサービスが受けられるとあって、高齢化社会にますます介護資格取得者のニーズは高まるでしょう。

介護資格取得者による介護サービスの内容は、「予防給付(介護予防サービス)」を受けられる要支援1・2の方と、「介護給付(介護サービス)」を受けられる要介護1〜5に該当する方たちの介護などとなります。

要支援1・2に認定された場合に、介護資格取得した方による介護予防サービスを受けられる種類を、取り上げてみます。

「介護予防訪問介護(ホームヘルプサービス)」は、介護資格取得しているホームヘルパーが、家庭を訪ねて、利用者の自立を促す生活援助をしていきます。

「介護予防訪問介護」は、看護師などが、療養の診療やお世話の補助を行います。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ