介護サービスを利用できる介護保険




介護保険に加入している方は、申請を出して「要介護(要支援)」の認定を受けられると、介護資格取得者にサービスを、利用者の1割負担という安さで受けられます。

ユニット型特別養護老人ホームや特別養護老人ホームなどの介護老人福祉施設と、療養病床の介護療養型医療施設や、介護老人保健施設があります。

「訪問介護(ホームヘルプサービス)」は、介護資格取得をしているホームヘルパーが、希望者の家を訪ね、身体の状況に応じた介護などを行います。

「夜間対応型訪問介護」は、夜中であっても、介護資格取得者のホームヘルパーが出向いて、排泄などのお世話をしてくれます。

「訪問介護」は、看護師などが寝たきりの方のお宅に行き、診察や床ずれを防ぐ対応などをします。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ