ケアマネージャー依頼とケアプラン




ケアマネージャーは介護資格取得の一種であり、高齢化社会の日本では、大変重要なお仕事です。

ケアマネージャーの介護資格取得後は、高齢者の生活の自立をお手伝いするために、ケアプランを作るのも仕事の1つです。

介護保険サービスを利用する方は、ご自身の状態や希望に合わせて、きちんと介護資格取得をしている専門家がケアプランを作成してくれるということで、安心感を持って、頼めるのではないでしょうか。

介護予防のケアプランは、要支援1、2の方を対象に、介護サービスのケアプランを作るのは、要介護1〜5に該当する利用者となります。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ