理学療法士の資格と仕事の内容




介護資格取得の一種に、「理学療法士」があります。

理学療法士の介護資格取得後は、介護保険サービスを受けている方や、患者さんたちの、健康回復や維持のお手伝いをしていきます。

理学療法士の介護資格取得をするためには、通常は大学の理学療法士の養成施設などへ行って、勉強したのちに介護資格取得の試験を受けます。

国家試験を受けて、合格しなければ理学療法士の介護資格取得はできません。

理学療法士の介護資格取得ができたら、就職先としては、リハビリテーション病院や一般病院、介護老人福祉施設などの高齢者施設、精神・神経科病院、肢体不自由児施設などがあります。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ