作業療法士の試験や資格と仕事内容




介護資格取得の一種に、「作業療法士」があります。

作業療法士の仕事内容は、介護保険サービスを受ける方や患者さんたちに、体の機能の回復や維持のお手伝いをするものです。

作業療法士の介護資格取得をするには、国家試験を受けて、合格をする必要があります。

介護資格取得の国家試験の前には、通常は大学の作業療法士の養成施設の中で、勉強や試験を3年以上積んでいます。

作業療法士の介護資格取得のあとには、加齢による障害や、精神的・身体的・発達などの障害を持つ方などの、機能を復帰させたり、維持をはかる手助けをします。

障害を持っていても、自立して生活ができるようになるための、支援をしていくのが作業療法士です。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ