言語聴覚士の試験と仕事内容




介護資格取得が近年、注目を集めていますが、「言語聴覚士」もその一種です。

言語聴覚士の介護資格取得をするには、まず指定養成所での3年を超える勉強が必須条件です。

介護資格取得の国家試験がありますので、合格をできたら言語聴覚士の仕事に就けます。

高齢者の方の言語障害が今後増えるとされていますから、高齢化社会の日本において、言語聴覚士の介護資格取得者は、必要になっていく存在です。

言語聴覚士のサポートは、発達障害や、交通事故などで起きた障害により、喋るためのコミュニケーション機能を失った方への、日常生活の自立を促すものです。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ