介護福祉士の仕事内容と資格取得




介護福祉士は、1987年に国家資格としての介護資格取得ができるようになりました。

介護福祉士の介護資格取得をするには、何種類かの方法があるのでご紹介します。

介護福祉士の養成施設があるので、卒業をすれば介護資格取得ができます。

福祉系の大学を卒業してから、介護福祉士養成施設に1年通って介護資格取得をしたり、2年間介護福祉士養成施設で学ぶといった方法などがあります。

介護福祉士の国家試験に通って介護資格取得をする方法では、その受験資格として、介護関係の実務経験を3年以上積んでいる方という決まりがあります。

介護福祉士の介護資格取得後に就く職場は、社会福祉事業団、行政機関、養護老人ホーム、介護老人福祉施設などの、社会福祉協議会や社会福祉施設などになります。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ