社会福祉士の国家試験資格と仕事




社会福祉士は、高齢化社会の日本において、注目の集まっている介護資格取得の1つです。

介護資格としては、1987年に介護福祉法によって社会福祉士は認定されました。

社会福祉士の介護資格取得をするには、国家試験を受けて合格する必要があります。

介護資格取得の国家試験を受けるための、受験者規定があります。

福祉系の大学において、4年のあいだ指定科目を履修していること。

福祉系の短期大学や専修学校などで、3年のあいだ指定されている科目を履修して、後に実務を1年間経験していること。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ