介護老人福祉施設の仕事と職種




介護資格取得をした方の職場は、介護サービスの施設などとなります。

「介護老人福祉施設」はその1つで、「特別養護老人ホーム」や「特養」などともいわれています。

高齢化社会が進む日本において、介護資格取得者のニーズはますます高まっており、介護老人福祉施設も名称に老人と付くだけあって、介護資格取得者を希望している施設です。

介護老人福祉施設では、介護資格取得をしている多くの人が、既に活躍しています。

介護資格取得者の職種だけでも、管理者の施設長、生活相談員の生活指導員、看護師、準看護師、非常勤の医師、介護福祉士などの介護職員、介護支援専門員のケアマネージャー、理学療法士や言語聴覚士、作業療法士などの機能訓練指導員、栄養士・管理栄養士・調理員と、多岐に渡る職種で、それぞれの責務を担っています。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ