グループホームでの介護と認知症




高齢化社会が進む日本において、介護資格取得を希望する人が増えています。

介護資格取得には、さまざまな種類の業種があり、職場も多数です。

介護資格取得後に働く場所の1つとして、「グループホーム」があります。

認知症の高齢者の方が、協力をし合って生活をする場所なので、正しい知識や理解を持ちながら、介護にあたれる介護資格取得者の存在が大きい施設です。

グループホームでは、「認知症対応型共同生活介護」という機能訓練を通して、毎日の日常生活に欠かせない食事や入浴などに取り組んでいきます。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ