地域包括支援センターの業務と資格




介護資格取得が必要となる施設は、たくさんあります。

介護資格取得をしていることによって、高齢者などが安全に安心して介護などをしてもらえるので、非常に重要です。

介護資格取得をしていないと、就けない職場の1つに「地域包括支援センター」があります。

地域包括支援センターでは、社会福祉士、保健師、主任介護支援専門員、看護師など介護資格取得者たちによって、その地域に住んでいる高齢者の方々の日常生活をサポートしています。

地域包括支援センターは、2006年の介護保険の改正によって誕生した施設であり、原則各中学校区につき1つの配置とされていますが、各自治体によってもまちまちな状況です。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ