成年後見制度の意味と必要性




介護資格取得ができたら、高齢者の方などのサポートをする中で、自分の業務以外のことも、時には知っておいた方がいいケースがあります。

介護資格取得者の業種は多いので、最低限の知識を知っているだけで、役に立つことも多いものです。

地域包括支援センターは、介護資格取得者が働く現場の1つですが、業務内容の中に、成年後見制度を活用してもらえるような活動も入っています。

成年後見制度は、認知症などで判断力が衰えてきたお年寄りを、詐欺などから守るものなので、仕事内容に関わらず、介護資格取得者の方は覚えておいた方がいいでしょう。

認知症であることを利用した、財産横領被害や消費者被害の事件が起きていることから、成年後見制度は2000年4月に設けられた制度です。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ