軽費老人ホームの内容と3種類




介護資格取得してから働く場所には、いろいろな施設があります。

介護資格取得をする資格内容によっても異なりますが、同じ介護資格取得をしても、勤務先にバラつきはあるようです。

介護資格取得者の職場の1つに、「軽費老人ホーム」があります。

軽費老人ホームは、60才以上の方で、なんらかの事情により日常生活に不安を抱える方が、加入する施設です。

軽費老人ホームには3種類あり、「A型」、「B型」、「ケアハウス」があります。

介護資格取得者が勤務する施設には、自治体などを通して加入者が入るところが多いのですが、軽費老人ホームは自治体を介さずに、個人が本人で契約をするタイプです。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ