ケースワーカーの仕事内容と資格




介護資格取得をしてから就く職種に、ケースワーカーやソーシャルワーカーというものがあり、耳にする機会も最近では増えている仕事です。

ケースワーカーは、介護資格取得者が、福祉事務所の相談員として、問題を抱えて悩んでいる方の、社会生活上の相談を聞いて、助言を行っていきます。

ソーシャルワーカーは、介護資格取得者が社会福祉に対しての専門家として、困っている人をサポートしています。

ソーシャルワーカーには2種類あり、一般の病院勤務の「医療ソーシャルワーカー」と、精神病院勤務の「精神科ソーシャルワーカー」があるので、介護資格取得をするときに、希望をハッキリしておくといいかもしれません。

続きを読む

(C) 2009 介護資格ナビ